開放的なリビング

毎年来る台風から家を守るリフォーム

広々とした部屋

最近は台風が連続で発生しています。そこで気になるのが台風による被害。家にダメージを受ける事もあります。ここでは台風対策としてのリフォームを解説します。
①一戸建てのケース
台風などや突風などから家を守るためには、窓ガラスがむき出しにならない事が大事です。強風に乗り、物が飛んでくる事があります。そんな時には雨戸やシャッターなどがある方が安全性が高いです。雨戸の場合、今ある窓サッシに後つけするリフォームをする事ができます。ですが雨戸を引き込んでおくための戸袋のスペース分、窓の脇に壁も必要になります。また既に雨戸がある時には、開閉がうまくいくか、ガタツキがないかチェックしておきましょう。開閉がうまくいかない時には咄嗟の時に閉める事に、もたつきます。またガタツキがあると強風で外れてしまう事もあります。
②マンションのケース
マンションなどに住んでいる人は、窓ガラスに飛散する事を防止できる、フィルムを張ると良いでしょう。台風や突風があり物が飛んできて、窓ガラスが割れる事があっても、飛散する事がありません。ガラスフィルムは自分で張る事も出来ますが、面積が大きいと難しいですから、まずは面積の小さい窓から挑戦してみましょう。
毎年のように来る台風の被害を小さくできるように、リフォームを今のうちにしておくと良いでしょう。

Pick Up Contents


TOP

Copyright © 2016 ネットで調べて大阪で良心的な価格のリフォーム業者にお願いしました All Rights Reserved.